労働者相談センター

労働者の生活と権利を守るため、相談員が働く悩みの相談に応じます。

多くの組合が加盟

岐阜県内の様々な職種・地域に労働組合が作られ、岐阜県労連に加盟しています。

多彩な企画

青年・女性・地域で、交流を深め、働くことに希望を持つための行事や学習会を開催しています。

多くの組織と連帯

県民的な要求実現のための共同や他組織の労働者との連帯も大きく広げています。



労働相談フリーダイヤル

0120-378-060


最賃1000円ステッカー!

9条シリコンバンド!

アクセス

〒500-8879 

岐阜市徹明通7-13岐阜県教育会館402

電話058-252-3013  FAX058-253-4996

 

 


最新情報

最低賃金署名がネットでできます

最低賃金署名がネットでできます。ご協力をお願いします

http://chng.it/tjthzkZcBk

最低賃金署名始めました。ご協力をよろしくお願いいたします。

ダウンロード
岐阜県最賃を1000円以上に引き上げる署名2020ポ英込み版.pdf
PDFファイル 510.5 KB

最賃違反を探せ!

最低賃金違反を探せ!

第91回岐阜県中央メーデー

第91回岐阜県中央メーデーの様子です。

今年は新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、集会とデモ行進を中止しました。

実行委員会だけの集会となりました。

ダウンロード
森議長 挨拶.pdf
PDFファイル 196.3 KB
ダウンロード
各団体から寄せられたメッセージ.pdf
PDFファイル 276.2 KB

           第91回岐阜県中央メーデー宣言(案)

 

 メーデーは日本で初めて開催されてから今年で100年を迎えました。

 たたかう労働者の祭典として、岐阜県内でも労働組合、民主団体、政治団体、市民団体の参加で集会を成功させてきましたが、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大により、各種行事、集会等の中止、延期が行われ、さらに世界的な感染拡大が極めて深刻な状況での規模縮小による小集会の開催となりました。

 

 2020年春闘は、景気後退の下で消費税増税が強行され、労働者・国民の生活が脅かされる中、大幅賃上げと最低賃金引き上げ、均等待遇などを求めて官民一体のたたかいがすすめられていますが、新型コロナウイルスの世界的蔓延による経済的ダメージを口実にしたベアゼロや低額回答が一部大企業で行われ、県内でも観光業や運輸業、飲食業などを中心に労働条件の切り下げや解雇などが行われております。また、最低賃金は東海3県で最も低く抑えられ、生活はますます苦しい状況の中で、新型コロナウイルスの感染拡大が、非正規労働者や派遣労働者の生活をいっそう困窮させており、解雇などを含む労働相談も大幅に増えていることから、労働者の支援・援助、権利や生活を守る運動が極めて重要となっています。

 

 岐阜県内で働く労働者、県民のみなさん

 仲間の要求と団結に依拠して粘り強いたたかいで、新型コロナウイルス感染への対応では非正規労働者も含めた出勤困難休暇を措置させるなど一定の前進をつくり出しています。また、脆弱な行政体制に対する問題意識が広がっており、追い風とも言える状況となっており、新型コロナウイルスの拡大によって日本経済の先行きが不透明となる中、「新型コロナ拡大という危機にその内部留保を活用すべきだ」という意見も出され、自民党内部からは消費税の減税や凍結を求める要望書・意見書が提出されるなどの状況も生まれています。また、最低賃金をめぐっては、日弁連が全国一律最低賃金制を求める意見書を発表するなど、最低賃金制度の改善を求める世論も広がっているなど、これまで主張してきたことの正しさが明らかになっています。

 

 岐阜県内で働く労働者、県民のみなさん

 リーマンショックを超えると言われる未曾有の経済危機を打開するためにも、引き続き官民一体のとりくみで、8時間働けばまともに暮らせる賃金水準の実現、働きがいの持てる高齢期雇用などが不可欠であることに確信を持ち、必要以上に萎縮せず要求を正面に掲げてたたかうことが求められています。新型コロナウイルスを口実にした労働者・国民いじめを許さず、「大変なときだからこそ大幅賃上げによる消費拡大で経済再生を」との声を広げ、職場・地域で引き続き奮闘することを呼びかけます。

 すべての労働者、国民、県民を視野に入れ、この危機的状況の打開のため、引き続き全力を上げてたたかいをひろげましょう。

 第91回岐阜県中央メーデー万歳!

                  2020年5月1日

 

                  第91回岐阜県中央メーデー集会実行委員会

第91回岐阜県中央メーデーについて

第91回岐阜県中央メーデーについて

2020年410

各位

91回岐阜県中央メーデーについて

91回岐阜県中央メーデー実行委員会

実行委員長 森 正樹

岐阜県労働組合総連合

議長 森 正樹

TEL 058-252-3013 FAX 058-253-4996

1.経過について

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、49日、岐阜県労連は四役会議を開き、5月1日に開催するメーデーについてどのようにするかを検討しました。現状岐阜県内では86名の感染者がでており、今後も拡大することが予想されます。特に岐阜県では独自の緊急事態宣言がだされたほか、すべての地域での外出自粛要請や公共施設の休館・利用の禁止措置が取られています。

4月9日の岐阜県労連 四役会議では①感染拡大を防止策として、デモ行進の中止、②JR岐阜駅北口駅前広場での集会の中止、③岐阜県教育会館にて実行委員会役員のみの式典、④SNSによる発信等の方針を提起、議論のすえ、満場一致で確認しました。本来は実行委員会での議論を進めるべきところではありますが、次回の実行委員会(4月20日)を待っていては参加者の皆さんに十分な周知ができないことや協力業者さんに多大な負担となることを考慮し、岐阜県労連四役会議にて判断をさせていただきました。こうした新たな事態を受けて、第91回岐阜県中央メーデーを以下の「基本方針」にて執り行いますので確認しましたのでご理解とご協力をお願い致します。

1.91回岐阜県中央メーデーは中止でないが実行委員会役員のみの小規模の会とする。

2.岐阜県労連組合員や各団体からの参加は無しとする。式典を行うにあたり、参加者はマスクを着用、部屋の換気・消毒液の設置を行う。

3.その中身は以下の通り

 (1)岐阜県教育会館4階会議室をメーデー会場とし、メーデー実行委員会役員のみとする。

 (2)今回の第91回岐阜県中央メーデーは、①先人たちによって「たたかうメーデー」として継承されてきたメーデーの100年を祝い、同時に新た世紀にむけたメーデーとして発展させていく、②新型コロナウイルス感染拡大のもとで「雇用・営業を守るメーデー」として、政府に対し「自粛と補償」一体の大型補正予算実現、医療提供体制の拡充を求めて、内外に発信していく、この2点を位置づけていく。

 (3)集会全体を大幅に短縮する。10001030

 (4)世界の労働者と連帯するメーデーとして、SNS発信を強めていく。

 (5)分担金等は徴収しないものとする

(6)ただし、今後、新型コロナウイルスの感染が危険状況にまで拡大した場合には中止する

(7)この件に関してのお問い合わせは、岐阜県労連までご連絡ください。(TEL 058-252-3013

 

以上

新型コロナウィルス感染症の影響による労働相談ホットライン

新型コロナウィルス感染症の影響によって、経済に多大な影響が及んでいます。特に岐阜県でも観光産業や飲食店でも売り上げが激減してます。岐阜県労連は3月9日に労働相談ホットラインを解説し、多くの報道関係者の方にもご協力いただき、多くの労働者から相談が寄せられました。労働相談では「パートですが、学校が休みになり、子どもを一人にさせておけないので、休むこととなった。休業補償がもらえるか心配。」と言った相談や「タクシードライバーだが、歩合制で仕事がないと賃金がもらえない」と言った相談が寄せられています。労働相談は今後も受け付けています。お気軽にご相談ください。

食健連総会と学習会内容変更について

お詫びと訂正です。3月7日 食健連総会と学習会(会場:岐阜県教育会館)について、予定していました第3部の試食会は現状のコロナウィルス感染の問題で中止します。したがって、その時間を除いての企画になり、11時から1時までの企画となります。   岐阜県食料と健康を守る連絡会 岐阜市徹明通7-13 新婦人内  ℡ 058-215-7546

ハラスメント指針の学習会

ダウンロード
ハラスメント指針の学習会チラシ.pdf
PDFファイル 114.9 KB

食健連総会・学習会

ダウンロード
2020.3.7 食健連総会・学習会.pdf
PDFファイル 262.3 KB

憲法会議総会・講演会

憲法会議 総会・講演会

ダウンロード
2020.2.29 憲法会議総会・講演会.pdf
PDFファイル 341.1 KB